松橋整骨院BLOG

2014年9月15日 月曜日

水の大切さ(水の流れ)

近年、脱水症になる方が多数報告されています、水の働きについての考察です。
水を飲むと30秒で血液に入り、1分で脳、生殖器に達し、10分で皮膚に、そこで発汗に使った残りが、20分で内臓に、その後手足に達します。
皮膚で、水が不足している人は、内臓に水が不足し、消化不良や便秘になっていて、手足の関節が痛んだり、変形することもあります。

imgG50641750_1410773791443

imgG50641750_1410773791444

投稿者 松橋整骨院