松橋整骨院BLOG

2015年2月14日 土曜日

走りがスムーズになる腕の振り方(マラソン)

走りで気お付けなければならないのが、地面に対し体が垂直に立つっている事です。
そこで、腕の振り方がポイントになります。
1,下り坂では、腕の振りを前に持っていくと、地面に対し体は垂直になり、坂道を下る恐怖感も消え、楽に走れます。
2,上り坂では、両わきを開けるようにして腕を横に振るようにすると、足の蹴りもスムーズになり、楽に走れます。
3,平坦な道は、両わきをしめて、コンパクトな腕の振りをして、左右の目を水平にし、顎を引いた状態で走れば、首、肩、腰、足の安定度が増して、長い距離も楽に走れます。

imgG50641750_1423843855312

imgG50641750_1423843855314

imgG50641750_1423843855315

投稿者 松橋整骨院