松橋整骨院BLOG

2015年7月29日 水曜日

交通事故後遺障害

交通事故の場合、加療にも関わらず、症状が残存したまま、ある期間になると、治療(加療)しても、症状の改善が期待出来ない状態、症状固定と判断され、治療の中止と共に、後遺障害の認定がなされます。
認定の内容について、骨格系では、多くの場合、関節の可動域判定となります。
後遺障害の関節可動域制限に対して、効果的なのがサンダ-です。
関節内深部まで刺激し、関節周囲の筋、腱、靭帯にも作用し、関節可動域改善と、関節の安定性(関節の支持力向上)を同時におこなえます。
症状を残さず、完全に治り、健康的な日常生活を送ってもらえる、その期待に、サンダ-は、答えられると思います。

imgG50641750_1438176798974

imgG50641750_1438176798975

imgG50641750_1438176798976

投稿者 松橋整骨院