松橋整骨院BLOG

2014年3月31日 月曜日

交通事故のむち打ち症の痛みの特徴

交通事故のむち打ち症の痛みの特徴について、なぜ骨傷害がないのに痛みが強く長く続くのでしよう?関節周囲の筋肉、腱、靭帯等の損傷は考えられますが、痛みを継続させる主要因が、自律神経の交感神経の作用により、痛みの悪循環(交感神経が血管を収縮し酸素、栄養不足となり発痛物質を放出、痛みの感覚が脳を興奮しさらに交感神経を刺激、痛みが継続)を起こしているのです。治療はこの交感神経にアプローチできれば効果的に痛みを軽減出来ます。
imgG50641750_1396192574462

imgG50641750_1396192574463

投稿者 松橋整骨院 | 記事URL

2014年3月28日 金曜日

交通事故のむち打ち症

交通事故(大通りを右折した際前方の車と衝突、車の右前方を物損、頚と腰の左側の症状を訴えられました)のむち打ち症には外力の方向性があり、むち打ち症は個別に症状が異なります、治療には外力の方向性と体内に残ったポテンシャルエネルギーの放出を考えなる事が必要です。

投稿者 松橋整骨院 | 記事URL

カレンダー

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30